なにもそこまで 2006年05月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
2006-05-31 Wed 23:15
20060531231534
私は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大好きである。今日まで、シリーズ1~3までを合計で50回以上は見ている。とは言っても、DVDを買っても開封がもったいないと思っていたため、ずーっとビデオでみていた。だからDVD版を見るのは今日が初めてだ。何回見てもストーリーの奥の深さや緻密な計算による伏線、映像のおもしろさに感心し、うなってしまう。こんなにパーフェクトなストーリーを書いた脚本家の顔を見てみたいものだ、と思っていたらその願いは簡単に実現した。“DVD映像特典”である。緊張しながら見た。「ボブ・ゲイル」氏。普通のおじさんだった。S・スピルバーグ&R・ゼメキス&おじさん。何か腹六分目くらいの気分である。さらに映像特典で新事実が発覚した。挿入歌を歌っている『ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース』のヒューイがパート1にチラリと出演していたのだ。これには大興奮。でも一緒に見ていたダーリンは「知ってたで」と言った。しょんぼりだ。『バック・トゥ…1』は映画公開から20年。今でも私は新しい発見をしたり、教訓と感じたり、映画の中で過去へ行ったり未来へ行ったり、大興奮。2年くらい前、二十歳くらいのコに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』って知ってる?と聞いたら、知らないと言われた。そうかー、今のコは知らんのかー。生まれた年くらいだもんね。ああ、過去に戻りたい。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
溝に足を突っ込んで本を読む男。
2006-05-28 Sun 13:36
20060528133618
また前回の続き。彼は何年間もずーっとゴミを拾う、なのか集めるなのかをしていた。相変わらず噂は飛び交っていた。「市内のゴミを日夜拾うとは感心」という理由で市に表彰されるらしい、というのまで登場した。とうとう噂も天井だ。私は結婚して街を出たが、今も市内に住む家族や友人は、かなり高い確率で彼を目撃し続けていた。つい先日、実家に帰ったら、妹が「すごい話がある」と言うので聞いてみると…。妹と母が『ゴミを拾うか集めるかをしている男』の横を車で通りかかった。妹は彼の後ろ姿が何かいつもと違うと思い、彼を見た。彼は、道の上のゴミを拾おうと前屈の姿勢になった。その瞬間、背後のお尻のあたりから何かが見えた。目を凝らしてよく見ると…。お尻の割れ目あたりから肛門にかけてズボンの布地に大穴があり、しかもパンツを履いていないのだ。すぐに妹は隣にいる母に見るように促した。母は「ぎゃーっ!」と驚いた。突然のお芋さんの登場に、妹と母は目のやり所がないのに目が釘付けになった。立たれても困るが、しゃがまれても困る。その時の様子を妹は「中国・上海のある地域の小さい子供がいつでも簡単に用をたせるようにと、親があらかじめズボンの後ろを丸く切り取っている、というのと同じ!」と力説した。男はおそらく30代半ば。上海坊やもびっくりだ。私も見てみたいが、桃とお芋さんはちょっと怖い。よく捕まらないものだと思うが、これでまた一段と噂は加速するに違いない。長々と書いたが、お芋さん三部作…いや、サッカーボールを蹴っていた男三部作、これにて終了。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
サッカー・ボールを蹴っていた男
2006-05-26 Fri 20:12
20060526201230
前回の続き。サッカー・ボールを蹴っていた彼に少し変化が見られるようになった。上の写真に写っている、小さな中古車店の看板の下で、道路横の深い溝に足を突っ込み、道に腰掛けている姿が目撃されるようになったのだ。夜遅い時間や、どしゃ降りの雨の日に傘を差してまで彼はそこにいた。では、彼はそこで一体何をしていたのか。何と読書をしていたのである。しかも相変わらず白いビニール袋を片手に…。市内には…ひょっとして私の周囲だけかもしれないが、彼に関する噂が飛び交いだした。読んでいる本は辞書だ!それは英語の辞書だ!いや国語だ!暗記しているらしい!とか…もうみんなめちゃめちゃ見てるやん、という感じだ。さらにウチの母までが、あの人は某有名大の出身で勉強のしすぎでちょっと世捨て人らしいよ、と言い出した。これはすごい。『アホの坂田は東大出』以来のデマだ。その噂の彼がまたまた変化を遂げる。その続きはまたまた次回。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
ワールド・カップ
2006-05-24 Wed 01:30
20060524013018
サッカーW杯開催まであとわずか。私にはとても気になる素人サッカー選手がいる。実家がある兵庫県小野市でゴミを拾いながら一日中うろうろする、ある男性である。おそらく30代。おそらく無職。おそらくウチの町内さんである。彼は8年前のW杯フランス大会あたりから近所で見かけるようになった。その頃、市内を汗だくでサッカー・ボールを無心に蹴り、走り回る姿が毎日目撃されていた。しかし、サッカー・ボールしか見ていないため、ついたあだ名が『サッカー・バカ』『サッカー・マン』。一日中ボールを蹴っているため、肌は陽に焼けて真っ黒、ボールも糸がほつけてボロボロ。ブラジルの子供なら感動するが、ここは兵庫、しかもちょっと中年。ボールを追って車道にまで飛び出してくることもよくあり、危ない危ない。ラインを割っているから、スロー・インでやり直してほしい。私に笛があったら吹いているところだ。そのサッカー・バカはW杯が終わると、しばらくしてサッカー・ボールを蹴らなくなり、道に落ちているゴミやコンビニのゴミ箱に頭を突っ込み、何やら捜し物をするようになった。サッカー熱が冷めてしまったのか。いや、もし今回のドイツ大会が盛り上がってきたら、また汗をぷるっぷるかきながらボールを蹴る勇姿が見れるかもしれない。ドイツへ行けず悔しい思いをした方は、上の写真を見てどこかわかれば行ってみてほしい。そのあたりで小野のスーパー・スターに会えるかもしれない。彼の話はまだまだ続くのでまた次回。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
『ダ・ヴィンチ・コード』
2006-05-21 Sun 00:06
20060521000630
ベストセラーの映画化ということで、TVやラジオ、新聞、雑誌はやんや、やんやの大騒ぎである。私もこのお祭り騒ぎに踊り出ようと前売り券を買っている。先日のカンヌ映画祭での評価がかなり低かったらしいが、その後催された一般試写会では大拍手大喝采だったらしい。どっちを信用するべきなのだろう。私は、数々のダ・ヴィンチ特番を見ており、だいたいの内容はわかってしまったが、映画をとても楽しみにしている。しかし先日、ラジオ『ありがとう浜村淳です』で浜村淳が『ダ・ヴィンチ・コード』の解説を始めた時は聞くのを少しためらった。数年前、私の母が、浜村淳がラジオで解説していた映画が見たい、でもその映画のタイトルを聞き逃してしまった、と言った。私は何という映画なのか探し当てようと思った。どんな解説だったのかと聞いてみると…。ハラハラドキドキのアクション映画のような、スペクタクル巨編のような、そんでもってロマンス映画のような、笑いあり、涙あり…の内容の映画のようだ。私はいろんな方法で調べてみた。数時間後、その映画のタイトルが判明した。『赤ちゃんのおでかけ』だった。恐るべし浜村淳!さすが番組ぶっとおしで最新映画の結末まで解説した武勇伝を持つだけのことはある!しかし、ここ最近の『ダ・ヴィンチ・コード』関連番組は多すぎる。なのに、またそれを見てしまうため、映画が2、3時間くらいなのに、私が『ダ・ヴィンチ・コード』関連で見た番組はのべ10時間くらい。多分、浜村淳並みに解説ができる。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
假屋崎省吾
2006-05-18 Thu 16:51
20060518165109
店のトイレに新しい芳香剤を置こうと思い、『假屋崎省吾の香りのフラワーアレンジメント』という芳香剤を買った。本来は部屋用らしいが、箱に印刷された見本の美しさと花を生ける假屋崎省吾の優雅な姿、そして「レジにて半額」という赤シールに惹かれてトイレ用に買った。箱を開けて、手順通りにアレンジしてみた。丸いガラスの花器につぶつぶの消臭剤を入れ、“花留め”というプラスチックの固定盤の穴にプラスチック製の草花を生けていくのだが、その課程で驚いた。材料がすごくよくできているのだ。葉植物(アイビー)の一枚一枚の葉の向きも素晴らしいし、花留めの穴の位置も絶妙なのだ。さすが假屋崎省吾。不器用な私でも、作成中は假屋崎省吾の気分で、「オホホホホー」と言ってる間に素敵に仕上がった。その後、いろんな角度から愛でながら、大満足で眺めていた。付属の説明書を読んでいると、ひとつのセットで3パターンの手本があり、どれもこれも假屋崎省吾っぽくてオホホホホーな感じなのだ。芳香剤ひとつにも宿る假屋崎省吾の魂に恐れ入った。でも普段TVで見る假屋崎省吾は、不思議な雰囲気でとてもかわいらしく、妙に惹かれる。パソコンでプロフィールを調べると血液型がAB型だった。どおりで同じニオイがすると思った。ということは、ラベンダーの香りだ。
別窓 | 日記 | コメント:4 | top↑
ドラえもん
2006-05-16 Tue 22:39
20060516223931
友だちFちゃんが5月20日に結婚する。だいぶ年下の友だちで、たまにしか会えないのだが、私たち夫婦はこのコが大好きだ。Fちゃんはかなりテンションが高く、口癖は「サイコ~!」。そしてかわいくておもしろい。このおもしろさが、私たち夫婦を含め、周囲の人たちにとってツボになっている。沖縄へダイビングに行ったときもパワー全開。飛行機の搭乗口でハイビスカスの大きな髪飾りを付けて目立ってチェックIN。搭乗口係のお姉さんにチラッと見られたことがうれしかったようでスキップ!到着後もキャピキャピはしゃぎ続け、スキップしていてこけた。夜にUNOをしていたとき、負けてもテンションが高いFちゃんはべべ決定戦で何とか勝ったのに「やった~!優勝~!」。Fちゃんは小さい頃からドラえもんが大、大、大好きだ。本人曰く「私はドラえもんに育ててもらったと言っても過言ではないです!」とのこと。みんなに愛されて、笑顔と幸せを振りまいて…そんなFちゃんが結婚する。上の写真は結婚祝いに友だちからもらった『ドラえもんケーキ』なのだそうだ。ドラえもんと同じようにみんなからも愛情いっぱいで育ててもらったんだね。私は勝手に感
慨深く泣きそうになった。お祝いに祝電を贈ろうと披露宴場所をメールで聞いた。すると20日は入籍のみで、挙式&披露宴は9月だそうだ。ちょっと間延びな気持ちだ。
別窓 | 日記 | コメント:5 | top↑
シーズン到来
2006-05-15 Mon 21:48
20060515214839
私は人一倍ニオイに敏感なようだ。それも「匂い」ではなく「臭い」に敏感なのだ。今朝、浴室の前でカビっぽい臭いを感知。カビ増殖の季節が来た。早速ゴム手袋を付けてカビキラー片手に掃除をした。掃除が終わり、ゴム手袋を外したら、今度は手に付いたゴムの臭いが気になった。臭いが取れるまで洗った。その後、買い物をしにスーパーへ行き、店を出たら、店の前の道がえらく臭い。生暖かい風が吹く季節は臭いが大増量キャンペーン中なのだ。食事中にこれを読んでいる方には文字にするのは申し訳ないので表現は割愛させて頂く。とにかくそっち系の臭いがしたのだ。私は息を止めてその場を去った。息を止める時間が長かったのか頭がクラクラした。帰宅し、冬から4月にかけて大活躍してくれたファンヒーターを片づけないと!とヒーターの中の残り灯油をポリタンクに移した。灯油も臭うが手に付けたゴム手袋にまたもや悩まされることになった。夜、帰宅したら家中が臭いので驚いた。鼻が曲がる勢いである。臭いの元をクンクンと鼻でたどると、洗濯機横の排水口だった。どんなに掃除をしても、マンションなど集合住宅の排水口は、ある程度仕方がない、と聞いた
ことがあったが、家中に広がりつつある、この臭いは許せない。漂白剤を流してみたがまだ臭う。エアーシャルダンを周りにかけてみたが、残念ながらエアーシャルダンは負けてしまった。もったいないが仕方がないので香水をふりかけてみた。すると下水の臭いは消えた。今、排水口は香水臭い。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
お客様感謝デー
2006-05-13 Sat 23:54
20060514155427
今日は開店してから友人や親戚がたくさん来店した。その数、14人!その内、ちびっコが3人もいた。お菓子やら飲み物やらがテーブルの上にてんこ盛りになり、コーヒーメーカーもフル回転、冷蔵庫のドアもバタンバタン、トイレのドアもバタンバタン。4歳の女のコに「え?ここ、お店!?何屋さん?」と聞かれた。なるほど。小さいコには店に見えない。「ダイビング屋さん」と私が答えても、?な顔をしていたので「海に潜る屋さん」と言い直したら納得してもらえた。違う時間に来た兵庫県の友人は「スーパーデタマって安いの?」と私に聞いてきた。???ひょっとしてスーパー玉出のこと?また他の友人は、「僕は道に迷ったらホームレスに道を聞く」とか言ってた。みんな結構笑わせてくれた。一日中笑わせてもらえて感謝感激だ。中でもピカイチにすごかったのはダーリンの親戚の70代の叔母さん。親戚ご一行が帰る際、私とダーリンが見送りに店外へ出たら、叔母さんがこっちを見ながらダーリンの母と話していた。どうしたのか?と私はダーリンの母に聞いた。すると「あれは誰や?」とダーリンのことを聞いてきたらしい。びっくりだ。じゃあ… 私はいったい誰だったんだろう。叔母さんは今日はどこへ行ってたのだろう。そう、『海に潜る屋さん』である。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
カーネーション
2006-05-12 Fri 23:42
20060513134216
母の日が近い。主人の母に渡すカーネーションを買った。花屋さんのショーケースにはたくさんの切り花が並んでいたが、私は鉢植えを選んだ。木でできた小さな花壇のような箱の中に、カーネーションの鉢が入っており、カーネーションに飽きたら違う鉢と入れ替えて飾れるという、二度楽しめるモノだ。それを自転車の前カゴに載せ、家に帰ろうとしていた。すると、すれ違う多くの人がチラチラこっちを見ていることに気づいた。歩いている人、自転車ですれ違う人、車の中からもこっちを見ている。「もうすぐ母の日やな~」「あの人はあの花を贈るんやな~」と見ているんだろうな。私はこっちを見ている人の顔を見た。みんなニコニコ顔だ。私はうれしくなり、気分良く自転車を漕いだ。花を積んで走るなんておしゃれ~!そう思うとちょっとした坂道もすいすい漕げる。ETでも乗せてる気分だ。たくさんの人に微笑んで見られるって、何て気持ちいいんだろう!だんだん家に近づき、見られるのが終わると思うと残念。じゃあ、意味なくそこら辺をうろうろしてから帰ろうかな~。そう思ったが、ちくわが入った袋も持っており、腐ってはいけないのでしぶしぶ帰った。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
BUNちゃん先生
2006-05-12 Fri 01:57
20060512015716
『わかるとできる』というパソコン教室に通っている。個人の進み具合に合わせて、各自ビデオを見ながらパソコンを操作する。そのビデオに出てきて指導するのが『BUNちゃん先生』。40代後半のニコニコ顔の男性で、と~ってもわかりやすく説明をする先生なのだが、この人がすごくおもしろい。様々な事業を経営してきた武勇伝もすごいが、ビデオの中で指導している時もなかなかすごい。説明している最中に「ふぇっくしょん!」と大声でくしゃみをしたり、ゲップをしたり、歌ったり、ある時は「今日はちょっと体調が悪い」と言ったり、「サザエにあたったみたい」と言ったり、「入院したけど病室にオバケが出たから病院を抜け出してきて、このビデオに出てます」と言ったり、とにかくすごい。焼きビーフンの作り方を話したこともあった。このBUNちゃん先生が、今日はビデオの中で「主婦の方は、家に帰ったらご主人にこう話してみてください。『あなた、私、今日はTODAY関数を覚えたわ』『おまえ、そんなことができるようになったのか』『ええ、だって、愛しいあなたのために教室に通ってるんだもの』『愛してるよ、おまえ…』」まるで寸劇である。しかもかなり古い。でも今日の授業の成果を自慢したくて、ウチのダーリンに言ってみた。「今日な、TODAY関数を覚えてんで~」するとダーリンは「…」。何も言ってくれないので、私は「すごいやろ~」と念を押したら「すごいね~」と気のないリピート。盛り上がっていたのはBUNちゃん先生と私だけだったようである。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
『走り雨』に遭う
2006-05-11 Thu 01:33
20060511013308
朝、天気予報で「今日は走り雨になるでしょう」と聞いた。初めて聞いた単語に少し考えたが『通り雨』みたいなものだろう、と勝手に解釈した。店『ブルーバランス』に出勤する準備をしていたとき、雨がほんの少しパラついていたが『通り雨』みたいな感じなら『通る』だけだろうと思い、洗濯モノをベランダの少し内側に置いたまま自転車で家を出た。すると雨足がだんだん強くなってきた。店に着いたら服がだいぶ濡れていた。その後、図書館へ行っても帰りには雨はあがってるだろうから自転車でぴゅ~っと走ろう、近所のコンビニくらいなら傘なしで走って行こう、など1日中期待しては裏切られ、の連続だった。とうとう夜になっても雨はあがらず、雨の中を自転車で帰ることになった。おかげで服はずぶ濡れ。洗濯モノも降り続いた雨で濡れていた。しかたなく夜八時を過ぎてから洗濯機を回すこととなった。『走り雨』ってどういう意味だったのだろう。『通る』とは似てるように聞こえるが実は全然違うものだったのか…。考えながら洗濯を部屋に干した。そういえば、今日の私、止むだろうと期待して走りっぱなしだった!そうやったんか~。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
ほうれん草
2006-05-09 Tue 01:06
20060509010344
近所のスーパーへ行った。特売日のため、店内は大混雑。私は要るものだけカゴに入れ、さっさとレジに向かおうとしていた。すると近くの野菜コーナーで係のおじさんがほうれん草を積み上げているのが目に止まった。「さあ!今日は安いよ!このほうれん草は新鮮!ぴっちぴち!」ほうれん草の季節にしては少し旬を過ぎているのに、まだ普通に売られていた。確かに新鮮で安かったので、私は買おうか迷い、ほうれん草の山に近づいた。すると係のおじさんが私に近寄り「ほうれん草、お買い得ですよ!新鮮できれい!ウチの自慢!あ、でもアンタもきれいやな~!アンタにはウチのほうれん草は負けるな~」と言った。私は「え!ホンマに~?」と言った拍子にほうれん草一束をカゴに入れた。だってほうれん草に勝ったんだからしょうがない。ごきげんで帰宅し、ほうれん草を眺めていた。旬を過ぎてるけど新鮮、お買い得???誰かのこと?だんだんしみじみしてきた。勝った勝ったと喜んでいたが、あのおじさんは売れた売れたと喜んでいるに違いない。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
近くの友人
2006-05-08 Mon 20:54
20060508205152
友人Aさん宅へ行った。Aさんは私の中学からの友人で、私の家から約1キロのところに住んでいた。以後、年月はだいぶ経ったが、薄くても付き合いは続いていた。お互い結婚し、昨年秋に私が大阪へ引っ越してきた場所がAさんの家の近く。その距離、約1キロちょっと。この縁はすごい。だが、以前はそんなに接点は無かった。Aさんは美術系に進学&就職したほどのセンスの持ち主。私は絵を描くとダウンタウンの浜ちゃん並みだ。Aさんは陸上部に所属するほど運動能力があったが、私は体力測定の垂直飛びのとき、全力で飛んだ直後、体育の先生に「練習はいいから早く飛んでみろ」と言われたほどだ。では何が私たちを繋いでいたのか。Aさん宅を訪問してみて少しわかった。Aさんも私も風水好きになっていたのだ。私の家もAさん宅もDr.コパの芳香剤はあるし、物の配置の方角も私の家と似ていた。Aさん宅はさらに風水盤まであり、かなり本格的だ。盛り塩もあちこちに置いてあり、お化けでも出たのかと疑いたくなるほどだった。久々の再会はそんな感じで風水で盛り上がり、いちだんと仲良くなった。Aさんはちょっとした風水師みたいだったが、私はAさん宅の風水を発見するたび「これはすごくいい」「スバラシイ!」を連呼していたので、まるで『建もの探訪』の渡辺篤史みたいだった。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
早く出発しよう!
2006-05-06 Sat 18:09
20060506180730
ウチの店『ブルーバランス』はGWのツアーということで2日深夜~5日まで高知県の竜串へダイビングツアーへ行っていた。風邪をひいて潜れない私は、その間実家(兵庫県小野市)へ帰省することにした。渋滞に巻き込まれたくないから3日の早朝に大阪を出ようと思い、それなりの準備をしていた。が、やっぱり私も主婦。ゴミ出しの日だから出しておこう、溜める訳にはいかない!冷蔵庫の納豆が一パックだけ残ってる。捨てるのはもったいないから食べてしまおう!姪っ子とシャボン玉するかもしれないからシャボン玉セットも持って行こう!など、朝起きてからドタバタ。そのため出発時間がずるずる遅れ、車のエンジンをかけたら8時だった。高速道路に乗ると普段の景色とは大違い!長い車の列。のろのろ運転。ひゃ~!大渋滞!いつもは1時間半で着くけど今日は3時間くらいかかりそう…。そんな予想をしながら出発!天気も良く、ドライブのスタートとしてはいい気分だった。渋滞を予想して持っていたナインティナインのオールナイトニッポンを録音したものも聞いた。しかし聞き終わってしまってもたいした距離を走っていなかった。『ありがとう浜村
淳です』も終わってしまい、松田聖子を勝手にメドレーしてもまだ着かない。河内家菊水丸のラジオが終わってもまだ着かない。結局実家まで5時間かかった。着いたらもうヘトヘト。その日はしんどくてどこへも行けず、1日潰れてしまった。ごろごろしながら「あと少し出るのが早かったらよかったのかな~」と考えた。冷蔵庫に残っていた納豆一パックが憎い。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
病院へ行った
2006-05-02 Tue 00:54
20060502005341
長引く風邪に私はもう飽きた。何とかしてこのしつこい咳とおさらばしようと思い、近所の内科へ行った。GWの真ん中ということもあり、待合室は患者でごった返していた。私は受付を済ませ、待合室のイスに座って順番を待った。しかし、待てど暮らせど名前が呼ばれない。週刊文春も読んでしまったし、週刊朝日も読み切ってしまった。サンデー毎日なんかマンガすらおもしろくなかった。退屈だ。そう思い始めたとき、収まっていたと思っていた咳が再びむせ返り始めた。そこへやっと私の名前が呼ばれた。咳込んでいたが返事をした。「あ゛い!」カッコ悪い返事となってしまった。恥ずかしい気持ちと飛び出る咳を押さえた私は、小さい診察室に通された。看護師さんは入って来なかったため、診察室は私と先生だけになった。先生に「どうされました?」と聞かれ、丸イスに座ろうと先生に近づいた瞬間、ある衝撃で押さえていた咳が飛び出しそうになった。臭いのである。原因はすぐわかった。これは先生の足のニオイだ。敏感に反応した私の咽喉が、押さえていた咳を促してしまった。「ゴッホン!ゴッホン!」「すごい強い咳ですね。いつから?」まさか強い咳は今から、なんて言えない。先生は様々な質問をされたが、「強い咳は2日前から」「とにかく息苦しい」と理解され、思った以上の咳止めが投薬された。帰宅してすぐ薬を飲んだ。すると、あんなに続いた咳が、気がつけば止んでいた。薬がよく効いたみたいだ。あの先生のおかげだ。臭いけどまた行こうと思う。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。