なにもそこまで 2006年08月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
高級食パン
2006-08-30 Wed 11:06
20060830110616
実家がある兵庫県の小野市に広い野菜の直売所がある、と数日前に書いた。その野菜直売所に隣接して、小野名産である山田錦(米)でパンを作るパン屋さんがある。ここも結構な人気で、野菜直売所と共にテレビの情報番組や雑誌などによく取り上げられるため、遠方からの買い物客も多い。そして平日でもたくさんのガソリンをつかって“ちょっと”体にいい、めずらしい食べ物を買う年代、つまり時間もお金も持っている“時金持ち(とききんもち)”の方々がとても多い。そこを当て込んだのか、パン屋さんの前に上の写真の看板が置かれていた。米で作ったパンというだけでもめずらしいというのに、これに飽きたらずというか、味をしめたというか、強力商品の新発売である。何と山田錦パンに真珠を入れてしまったらしい。その上コラーゲン入り。化粧品かよっ!?と思って看板を見ていたら、下の方にちゃんと「化粧箱入り」と(化粧の意味は違うが)書かれていた。ボケ突っ込みの心得もあるようだ。その食パンの値段は一本(2斤分)1200円。高っ!ちなみに姉妹品は金箔入りで同じお値段だ。どんなパンなのか、店内に入って見てきた。普通の山型食パンにしか見えない。私はその店のパンを何度か食べたことがあるので、その味に真珠や金箔が入っているだけかな?と思い、1斤に600円を出すのはやめた。その店の味?「ふつう」。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
アクアビーズ
2006-08-28 Mon 17:27
20060828172744
姪の誕生日、私のすぐ下の妹が「何が欲しい?」と聞いたら「アクアビーズ」という返事が返ってきた。今、小学生の間で流行っているらしい。ビーズを使って花や動物、乗り物、ミッフィーやキティなどのキャラクターとかを作っていく。ダイバーなら好きな魚の形が楽しいかもね。作り方は超簡単。イラストなどの上に好きな色のビーズを並べ、霧吹きでシュッ!シュッ!と水をかけるだけ。乾いたら出来上がり~!水でビーズどうしが、ピタッ!とひっつくもので、アイロンも針も糸も使わない安全で画期的な遊びらしい。妹と早速おもちゃ売場へ探しに行ったらあった!あった!バラ売りやセットなどいろいろある。基本セットは色付きの小さいくて丸い玉150個が6色入ってイラストシートが入ってるやつ…え!?3129円!?高~っ!!霧吹きとケースがかさをあげているだけのびっくり箱だ。でもねだられて約束したらしい妹は、姪のためにビーズ玉に3129円も払ってプレゼント包装にしてもらっていた。すぐに飽きないでくれよと願わずにはいられない。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
中尾さんのなす
2006-08-27 Sun 17:24
20060827172426
実家がある兵庫県小野市に、かなり大きな野菜直売所がある。ちょっとしたイベントで見かける朝市のような感じではなく、水曜以外は毎日朝から夕方まで常時営業していて、テレビや雑誌で取り上げられることもあるため、地元だけでなく遠方からの買い物客で連日賑わっている。地元小野の農家の人たちが、採れたての野菜や果物や花を自分で搬入する。もちろん生産者の名前は袋に表記される。値段も自分で決めるのか、生産者によって出来ばえや量、値段がさまざまだ。そして何よりスーパーよりも安くておいしい。減農薬や無農薬栽培をしている人も多く、玉葱や白菜なんかはその甘さに驚かされることがよくある。この直売所の商品をたまに買うだけなのに、私はおいしい野菜をつくる人の名前を覚えてしまった。お気に入りは“中尾道博さんのトマト”。青くさい、昔なつかしい味で(そんなに昔は知らないゾ!)、濃い味なので当然ドレッシングは要らず、6個入りで300円くらい。しかし今年は中尾さんの都合なのか、トマトを見かけない。他の生産者のトマトもおいしいけど、中尾さんのトマトは口に入れると「おおっ!」と驚くおいしさなので、お目
にかかれないこの夏はちょっと残念な限りだ。しかたなく中尾さんの名前のついた商品を探したら茄子を発見した。即購入。同じ夏野菜だから上手に栽培してくれているんじゃないかという予想だ。今回買った中尾さんの茄子は大きいのが3本で100円。味を満喫できるメニューは何がいいだろう。麻婆茄子?あの辛さから市販の茄子との味の差を見分けるのは無理だ。中尾さんの努力が実らない。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
鉄板
2006-08-25 Fri 16:24
20060825162413
私には耳にすると絶対に笑ってしまうギャグがいくつかある。確実にウケるネタ、お笑い業界でいう“鉄板”である。中でも、子供の頃から笑い続けている“鉄板”は、カトちゃんのクシャミ「いぃーびしっ!」(←音にするとこんな感じ?)である。私にとっては元祖鉄板。ただ“いつも笑ってしまう”という生易しいものでなく、どんな状況でも大爆笑してしまう。苦しいくらい笑ってしまうときもある。それをマネされても笑ってしまうから困ったものなのだ。そして最近、また新しい“鉄板”が誕生した。それは、私と2歳の姪(上の写真のコ)との会話で生まれた。姪のおなかぷっくりの幼児体型を見ながら話したときだ。「あみちゃんのこの大きなおなかの中に何が入ってるの?」「おばけ」大爆笑だ。これを書いている今も私は笑っている。姪はいつ聞いても「おばけ」と答える。先日ウチへ遊びに来ても同じ答えだった。多分、白くて目がくりくりで、赤い舌をあかんべーみたいに出して、手は「おばけだぞー」状態の、絵文字にもよくある定番のおばけだと思う。正確には「おばけ」の「け」がまだ赤ちゃん言葉なので「おばて」という音だ。それにしても、おなかにいるんだって。爆笑だ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
なんじゃこりゃ!?
2006-08-23 Wed 19:30
20060823193028
大阪の船場方面へちょいとした用があって行った。船場といえば問屋街。特に繊維関係の会社が多い。町中を歩いていると、古くからやっている感じの商店が軒を連ねる、狭い通りに差し掛かった。日傘をさしてハンカチ王子(←旬!)みたいに汗を拭きつつ、ふと顔を上げると目の前に変なオブジェが!しかも月極駐車場の横にドン!と立っている。鉄製なのか銅製なのか土製かわからないけれど確かに人の形。アパレル関係の人が捨てたモノなのか、マネキンっぽくて、ちょっと背は高めでちょっと巨乳。触ってみようかな(胸ではないよ)と思ったが、写真ではわかりにくいが、実物があまりにも気持ち悪く、今にも動きだしそうなのだ。触った途端「うおーっ!」と動きだされたりして、「ぎゃあああー!」と両手をバンザイしながらマンガみたいに逃げる姿を想像してしまった。どっきりカメラ!?とも考え、辺りを見回したがそんなカメラは見当たらなかった。怖いけど期待したのに残念な感じだ。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
マンゴー!マンゴー!
2006-08-21 Mon 23:59
20060822000142
数日前にこのブログに書いた、あの奄美のマンゴーが、そろそろ食べ時のピークにさしかかったので、おいしいうちにとっとと食べてしまうことにした。せっかくなので、お店へ持っていき、お客さんと食べた。今日来られたKさんは大喜び!甘い!甘い!夏休みがあと残り3日しかないのに計算ドリルと習字とポスター製作と工作が残っている小学生くらい甘い!甘~い!南国のフルーツってどうしてこんなに冷やしても甘みが消えないんだろう。よっぽど甘いってことかな。天国のような気分を味わった後は、マンゴーの皮や中心部分を生ゴミとして大急ぎで処理した。後で片づけようなんて思ってたら短時間で地獄のような臭さが満ちてくる。私が思うに、フルーツって暖かい地域のものであればあるほど腐るスピードも早くない?しかも生ゴミとなった瞬間からのニオイは、暖かい地域のものであればあるほど臭くない?そんなこと言ってる暇があったらとっとと生ゴミを密封しましょ。放っておいたら、ドリアン級になりかねない。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
ファイト~!いっぷぁーつ!
2006-08-20 Sun 15:39
20060820153923
残暑厳しい日が続いている。これだけ暑いといくら元気な私でもバテそうになる。そんな時にはファイト~!いっぷぁーつ!と私はエスカップを飲みます(他社CMだ)。数年前、職場の友人が「疲れたらエスカップ飲むねん。効くよ~!」と言ってたのをきっかけに飲みだした。最初は、こんなん飲むのって、バリバリの営業マンかバテバテのおっさんみたいやわ~、なんて思っていたが、職場の友人は「私もそう思ってたけど、不燃ゴミの日にたくさん空ビンが捨ててあるのを見て、な~んや、みんな飲んでるやん、って思った」と言った。あら、そうなの?という感じ、みなさん疲れてるけど頑張ってるのね。こんなの飲んでまで…なんて思ってしんどい顔してトーンダウンな一日を過ごすより、一本飲んでしゃき~ん!と頑張りましょ!栄養ドリンクをいろいろ試して飲んでみて、私はエスカップが一番飲みやすかったと思う。これ一本でポジティブな発想と体力が湧いてくる。今日は一日頑張らないといけない日とかは朝からゴクゴク飲みます。精神的にしんどいなーという時にもおススメです。私は体が小さいからよく回るのか、そこらへん走り回りたくなるほど元気になります。効きすぎです。ちなみにもっとしんどい時はユンケルです。高いユンケルは飲んだ後トイレに行くとユンケルが出ます。そうなる前のエスカップ。是非お試しあれ。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
こんなところに
2006-08-19 Sat 18:45
20060819184528
ウチの店『ブルーバランス』は大阪市西区の北堀江にある。知ってる人は知ってるだろうが(あたりまえやーん!)、堀江は数年前からセンスのいいおしゃれな街に日々変貌を遂げ、若い人たちにとってホットでクールな街として、暑いんだか寒いんだか、とにかくとても支持されている。おしゃれなカフェや雑貨店、服飾店に美容院などが多く、大阪ナンバや神戸とはまた違ったおしゃれさんで通りは盛り上がっている。ウチの店も堀江にあるが、堀江は広い。盛り上がっているストリートからどんどんおしゃれな店が広がって来つつあるが、まだまだおしゃれな店は隣近所には進出して来てない。早く進出して来てもらいたいものだ。ちなみにウチのお隣は焼き鳥屋さんで、前は社会保険事務所だ。長い前置きはさておき、今日はちょいとした用で、その“おしゃれな堀江”方面に行ってきた。新しい店舗やマンションと昔からある古いビルがごちゃになった街角に“松竹衣装株式会社”を発見。かな~り地味な感じだった。なのに掲示板に貼られた松平健や天童よしみの公演ポスターからはお金の匂いを感じた。OSKとか渋谷天外なんか若いコには何者かも判断できないは
ずだ。私だって“あんまり”知らないぞー!でも、こんなところに貼っても街の雰囲気からして効果はかなり薄いだろう。会社がここやから一応貼っとこか、という感じか?熱唱する天童よしみの写真を見て、あらためて効果あるPRって難しいなと実感したのだった。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
奄美マンゴー
2006-08-17 Thu 16:12
20060817161212
奄美に住む知人からマンゴーが届いた。私は今まで、ジュースやケーキの上にちょびっとだけ乗っかってるマンゴーくらいしか食べたことがなかった。確かにマンゴーだろうけど、黄色の桃の缶詰とすり替えられても騙されかけてしまう程度の量だ。今までは色を見て「これはオレンジ色だからマンゴーだ」と認識し、口に入れて「甘くて柔らかいし、めずらしい味だから多分これがマンゴーだ」という判断でマンゴーを食べてきた。でもまるごと“本物”は初めて。しかも奄美のとれとれぴちぴちのマンゴー。早速食べてみた。うっひゃ~!おいし~!あっま~い!!激甘である。シロップ漬けの黄色の桃よりまだ甘い。当然天然の甘さ、奄美の太陽をいっぱい浴びた甘さだ。そしてさらにかっちょいい言い方をするなら“味に深みがある”と言う感じで、ダイバーがよく言う“魚影が濃い”というのと似てないが似たような感じだ。(←どんな感じや!?)本物の味にすっかり感動した私は、頂いたマンゴーの匂いも記憶しておこうと、入っていた箱に顔を突っ込んでクンクン嗅いでみた。間違いなく南国マンゴーの香りだ。匂いに奥行きがある。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
西川ヘレン
2006-08-16 Wed 18:21
20060816182120
昨日は火曜で定休日。しかもこのお盆の真っただ中に、妹夫婦が京セラドームの阪神戦の入場券が手に入ったそうで、子供ふたり(このブログによく登場する6才の姪と2才の妹)を連れてわが家へやって来た。昼食は私が作った簡単な(準備は超大変!)オードブル2皿&煮込みハンバーグを出した。その準備に活躍してくれたのが写真の本『西川ヘレン&かの子のおいしい和風レシピ』。来客への接待料理の素人の頂点、西川ヘレンさんのこの本には、高級ではないが(西川家の食材は超高級だけど)、出されるとうれしい、食べやすくおいしい料理がいっぱい載っている。この本に載っているのが『煮込みハンバーグ』。みりんや和風だしを入れて作るケチャップ味で、普通のハンバーグの半サイズにすると、みんなに行き渡る数が充分作れる。大人にも子供にも大好評で、作り方をよく聞かれる。おいしいおいしいと言ってもらえて、まるで自分が考案したレシピのように鼻高々!ヘレン様様だ。さて、ウダウダと食事をして夕方、妹夫婦は京セラドームへ。試合終了まで子供ふたりを預かった私たち夫婦は大奮闘!6才と2才の子と遊んで、晩ご飯
を食べさせ、お風呂にも入れてと非日常。キャッキャ!ドタバタ!だった。阪神も横浜に6-1で勝ち、妹夫婦がご機嫌でウチのマンションに戻ってきた時、子供たちは私が用意していたケミカルライトに夢中。案の定、部屋は真っ暗。私たちがナイトダイビングで使うケミカルも、子供たちには初めて手にする夢のようなおもちゃ。大喜びして、帰る時も車の中からケミカルライトを持った手でバイバイをしていた。朝目覚めたら発光が終わっているケミカルライトを見て、昨日ウチで過ごした一日を思い出してくれたかな。私も準備や子守に忙しかったけど、楽しかった~!ケミカルライトと西川ヘレン様、ありがとう!盆らしい一日を過ごせたよ!
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
ログ自慢
2006-08-14 Mon 12:54
20060814125431
世間はお盆休み。ダーリンも海でかなり盛り上がっているようだ。今日も私はひとり店を開けて通常営業。は~!潜りたいよぉ!気分だけでも海に行きたいので、今日はちょっとダイバーらしい内容を…。ダイバーはダイビング後、“ログ”という潜水記録を書きます。これには、潜水日、潜水ポイント名、IN&OUT時間、最大深度や平均深度、水温、透明度、タンク残圧、ウエイトの量、海中で見た魚など、他にも様々な記録を書き込む。人によって、シンプルなログや、見た魚を色ペンなんかを使って書いた美しいログ、ぶっといペンで書いた力強いログなど様々だ。たいていの場合、書き上げたら一緒に潜ったメンバーからも何らかのコメントをもらったりする。その際にシールをベタベタ貼られたり、色ペンでデカデカとコメントを書かれたり、海中での恥ずかしい(?)出来事を書かれたりと、ログは、あられもない姿となって手元に戻って来たりする。私はこういうのが大好きで、後で読んだときにその時の海の様子や出来事、バディの表情まで思い出せたりする。中には“ぐちゃぐちゃの不真面目ログ”と思うダイバーもいるようだが、私には、ぐちゃぐちゃに
コメントや絵で潰れたログほど、いかに多くの人たちと仲良く楽しんだかの記録。だから潰れているほど宝物だ。上の写真は、私がAOWというまたまだ初心者ランクの講習で、初めて夜の海に潜ったときのログ。どかーんと書かれているのは、初めてのナイトダイビングに感動している私の姿らしい。一緒に潜ったコが私の姿を書いてくれた。この絵を見ると、親しく思って私の講習を応援してくれていた気持ちが伝わってくる。これを書いてくれたコはこのツアーをきっかけにめちゃめちゃ親しくなり、今も仲良しだ。ちなみに彼女は私の他のログもよく絵で潰す。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
知らないおぢさん
2006-08-13 Sun 14:54
20060813145446
店へ出勤前に近所のスーパーへ行った。このスーパーは数日前からピンクレシートを発行しており、レシート合計3000円分で19日にガラガラ抽選が一回できる。でもこのスーパーは明日から3日間、つまり14、15、16日とお盆休みなので、ちょびっとしか買い物をしていない私は、抽選日まで3000円分集まらないかも、と思っていた。無理に買い物をして3000円分にするのはアホらしい。ま、抽選ともなれば私は運のパワーで何か当てるつもりだけど。ちょびっとだけの買い物を済ませ、袋詰めしながらピンクレシートを見た。合計610円。一昨日1000円くらいだったから抽選は半ばあきらめた。すると横で袋詰めをしていた中高年の男性が「あんた、これあげよ(あげる)」と言ってピンクレシートをくれた。びっくりしたが、すぐ礼を言い、受け取った。これであと300円くらいでガラガラにチャレンジできる!知らないおぢさん、ありがとう!そのとき、ふとあることを思い出した。数年前、ひとりでミスドでひと休み中、パパママお兄ちゃん弟の家族連れが、店内でスクラッチカードを削って盛り上がっていた。どうやら今日で終わるキャンペーンのスリッパを家族全員分もらおうと、ドーナツを食べまくっていた。ママの分がまだらしく、ドーナツを新たにテイクアウトしてカードをもらおうとしていた。あかん!無駄遣いや!でぶになる!と思った私は、私がもらったスクラッチ2枚、4点分を持って、家族のいるテーブルに行った。良かったら足しにしてください、と言って渡すと家族はとても喜んでくれた。その後、ちょびっとのテイクアウト分を買って、見事全員スリッパを持って帰って行った。帰りに子どもが私に手を振った。多分、「ありがとう!知らないおばさん」。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
お盆期間中
2006-08-12 Sat 17:06
20060812170619
ウチの店の前にある堀江社会保険事務所の玄関前でさっき突然工事が始まった。事前に知らなかったのでちょっとびっくり。何よりびっくりは“音”だ。店の玄関はいつも開けっ放しにしているので、音がそのまま入ってくる。だからさっきからFMラジオの音が聞こえなくなり、BGMは工事現場音だ。工事はお盆の間の、社会保険事務所が休みになる期間に行われるのだろう。作業員の方もお盆返上でご苦労様だ。今日夕方からダーリンは高知県の竜串ツアーに出発するので帰着する14日の夜まで私は店番。つまりお盆の間、ダーリンは広い海でウキウキ!(浮いたらあかんけど)、私は狭いカウンター内でガーガー音を聞きながら過ごすことになりそうだ。ひょっとしたら後でドドドド音に変わるかもしれない。あ!今!ドドドドになった!ウチの店は15日以外は開いてます。是非バカでかい声で接客する私を見に来てください。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
ダイビングをPRする有名人
2006-08-11 Fri 18:15
20060811181539
この夏はテレビで海番組(海中を紹介したり、ダイビングのシーンがある番組)が少ないと思うのは私だけ?7月終わりに、ナインティナインが『ナイナイサイズ』で石垣島でダイビングメインの特番があったくらいで、楽しめるダイビング番組を他に見ていない。この番組は、時々潜っている岡村さんと超ブランクダイバーの矢部さんがマンタに会いにいくという内容。ふたりともマナーよく楽しんでいて、番組もおもしろかったので、未経験の人が見たら「楽しそうだな、やってみたいな」と思ったんじゃないかな?こういう番組をもっとやってくれればダイビング業界はとても繁栄(マナーの悪いダイバーや良質でない器材には困るけど)するんだけどね。もしテレビ番組でダイビングシーンがあるなら、どの有名人が楽しんでいると未経験の人へのPR効果があるのだろう。多くのタレントがダイビングのCカード(認定証)を取得しているけれど、テレビで見るなら、私としては、かっこいい女優男優よりも、親しみやすいor意外なタレントがいいなと思う。今ならお笑いタレントかな?品川庄司の品川はダイブマスター?ランクのようなの
で上手いと思うし、オセロのふたりならイメージもいいし、女の子は身近に思えるだろうなー。南海のしずちゃんも始めたらしいので、見たらダイビングに親しみが湧くかも。意外なタレントが、トーク番組とかでダイビングの話をどんどんしてくれてもいいきっかけになるなー。「〇〇がダイビングしている話を聞いてやりたくなった」なんてね。前にも書いたが、私は『徹子の部屋』で菅井きんがダイビングの話をしていたのを見て、びっくりした拍子にダイビングショップの門を叩いた口だ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
感動の2泊3日。
2006-08-10 Thu 14:42
20060810144215
昨日はウチに来ている姪の“お泊まり”最終日だった。残り少ない滞在時間を一緒に楽しもうと、私も姪も必死。朝からホットケーキを焼いたり、夏休みの宿題である書道の課題を仕上げたり(一応、私、習字の先生の免許があるのだ)、しゃぼん玉をしたりとスケジュールぴちぴち。あ、『これは“おさかなしゃぼん玉”』の日のブログを読んだ方へ。姪は例のしゃぼん玉セットを見て「あー!ニモやん!」と言いました。やっぱりという感じです。話は戻って…、私は姪を車で無事に送り届けた。兵庫の私の実家に着いてすぐ、姪は自分の荷物の中から何やらごそごそ取り出した。あった!おばあちゃん見て!と言って見せたのが“しまじろうエプロン”。『こどもチャレンジ』の人気キャラクターがプリントされたビニールの前掛けだ。前日、姪と私とダーリンの3人でファミレスに行って、しまじろうセットを頼んだら出てきたアイテムで、小学一年生が使うにはちょっと恥ずかしい感じだった。姪は「かわいいから持って帰る」と言い、カバンに入れた。それを出してきておばあちゃんにこう言った。「これな、あみ(二歳の妹)がカレーとか食べて服汚すか
ら、また着けたって(着けてあげて)。これ、こぼしたら下で受けれるようにポケット付いとるから」と言った。なんて心優しいお姉ちゃんなんだろう!私はすごく感動した。私に甘えられるだけいっぱい甘えてフニャフニャの姪だったが、“姉”が抜けないくらいに頑張っている子なんだなあと思い、じーんとした。3日間一緒に過ごしたことも手伝い、一段と姪がいとおしくなってしまった。「楽しかったね、また遊ぼうね」と言ったら、「もっと一緒にいたい」と言って姪は泣き出した。ギュッと抱き合い、私も泣きそうになった。私は大阪へ戻ってから、姪に電話した。「みっちゃんももっと一緒に居たかったよ~」と言ったら、「あ、そう」と言われた。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
びっくり科学館
2006-08-08 Tue 23:06
20060808230639
びっくりするほどの暑さの中、私、ダーリン、姪の3人で大阪市立科学館へ行ってきた。夏休み期間中なので、大混雑。宇宙や科学や物理をわかりやすくして体験展示してあるけど、わかっていない感じの子供、そしてわかっているふりをした大人までもがキャアキャア遊べる施設。私もその中のひとり。3人で“でんじろう先生風”のサイエンスショーを見たり、オムニマックスシアターというプラネタリウムの会場のように天井に映し出される、関根勤が登場する恐竜のドキュメンタリーを見たりと、館内のショーも満喫した。目の錯覚が起きる不思議な部屋とか、小さな磁石を積み上げていって時間切れになると一気にガサッと崩れ落ちる遊びなどの展示もほぼ全部体験してきた。へとへとになって帰り、食事とお風呂をフラフラで済ませ、6歳の姪は先ほどごきげんで眠りについた。眠りに落ちる前、今日見た中で一番おもしろかったのは何?と聞いてみた。すると…ファイバースコープに手を当てて、映し出された手を画面にドアップで見ることができる展示で、手にホコリがついていたのが映ったことが一番印象に残ったらしい。それを聞いた今、私は何か複雑な気分だ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
夏休みは冒険
2006-08-07 Mon 23:03
20060808100314
私の大の仲良しの小学一年の姪が、長い長い夏休みを利用して、ウチに二泊三日、ひとりでお泊まりをしている。私が兵庫まで車で迎えに行き、連れて帰るという、至れり尽くせりプランだ。初日である今日は、ウチの店を見物したり、ダーリンと本の付録“たしざんひきざんすごろく”をしたり、なぞなぞ(懐かしい響き!)をしたり、画用紙とクレヨンを買って絵を描いたりと大忙し。店の近所にある大阪市立図書館へ行ったら、展示してある大阪の小学生の図工の作品展を見るだけで、わー!すごーい!こんなん作ってある!と言ってだいぶ楽しんでいた。お金のかからないよい子だ。晩ご飯に手巻き寿司を作ろうと私が調理を始めたら、手伝う!と言って、米をバシャバシャ洗ったり、包丁を握って慣れない手つきで卵焼きを切ったり、海老フライの海老の殻を取ったり、小麦粉や卵液につけたり…。それだけでも6才にとっては大冒険のようだ。そして、滞在中、ケガさせずに相手をする私たち夫婦にとっても、スリル満点のアドベンチャーだ。
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
都会のお祭り
2006-08-05 Sat 16:24
20060805162421
昨夜、ダーリンよりもひと足先に帰った。自宅に近づくと共に、『ドンパン節』が聞こえてきた。マンションや昔からの一軒家が密集する街だが、夜は人通りが少ない。なのに、この地域には少ないと思っていた子供たちが、あちこちから出てきて、小走りにどこかへ向かっているのだ。あまりの楽しそうな小走りに、なぜか私まで浮かれて子供たちに付いて行ってしまった。着いた先は小学校の校庭。そこでは子供会主催の夏祭りが催されていた。都会は大きな神社や広場がなかなか無いから、こういう場所で夏祭りをやるようだ。驚いたのは来場している子供の数!いるやん!いっぱい子供がいる~!少子化が叫ばれる中、この地域はうじゃうじゃいる!私は自分に子供がおらず、少子化に一役買っているくせに、この光景を見てちょっと安心した。小学校内で催されたためか、普通の夜店は無く、食べ物や飲み物が地元の人たちの手で“良心的な”値段で売られていた。ダーツみたいな当て物もあり、見ているとかなりの高確率で大きな物(価格は大きくないと思う)が当たっていた。ヤグラの上ではドンパン節を歌っている歌手?が、延々と生でドンパン節を歌っていた。
あまりにエンドレスなため、結局最後まで聞き届けることができなかった。虎舞竜かと思った。
別窓 | 日記 | コメント:3 | top↑
劇団ひとり
2006-08-04 Fri 15:03
20060804150325
読みました!『陰日向に咲く』。みなさんはもう読みましたか?これ、すごいわ。すごい!そこらへんの文学大賞を受賞した作品よりもはるかに素晴らしい!理解しがたい世界の話ではなく、文章も簡単でうまい。そして何より伏線の敷き方のうまさに、私は劇団ひとりを尊敬してしまった。この本がもし夏休みの課題図書だったら、あまりのおもしろさにすぐ読めるため、延滞する人無く、すいすいと次の人に本が回ってくるだろう。読書感想文も、おもしろがって、みんなバンバン提出するだろう。人間観察をネタにしているお笑い芸人がこれほどのものを書くとなれば、本業作家の人は商売あがったりだ。よくある“文学小説”って、いくらテーマが俗社会でも、わざと敷居を高くしている匂いがプンプンする“読むことがステイタス”な作品が多い。そんな中、劇団ひとりの体当たり小説はあっぱれだ。私にとって、この夏のインパクトランキング・ベスト3は確実。ちなみに『M:I:3』よりも上でピエトロのパスタのおいしさよりは下だ。とにかく、まだ読んでいない人は“大人の課題図書”として、是非読んで頂きたい。…って、ダイビング屋の嫁が何を絶賛してるねん。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
これは“おさかな”シャボン玉
2006-08-02 Wed 15:21
20060802152136
店に近い100円ショップへ行った。来週、小学1年の姪が遊びにくるので、折り紙か何か買っておいてやろうと思い、安いおもちゃばかり並んでいるお子様コーナーへ行った。そこでおもしろい物を見つけてしまった。それが上の写真の『おさかなシャボン玉』だ。見ての通り、そっくりさんである。売場で、いいのか!?怒られないのか?とメーカーを心配してしまった。明石家さんまやタモリのそっくりマスクを“出っ歯”と“メガネ”という名前で売られているけれど、本人たちは、勝手に商品化された自分そっくりマスクの件を、誇らしげに今でもネタにして笑いをとっているから偉い。この“おさかなシャボン玉”をあの会社は見逃してくれるだろうか。でも“おさかな”なんだからしかたないよな~。これを姪にあげたらきっと「あ!ファインディング〇〇や!」って言うだろうけどね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
見えません
2006-08-01 Tue 23:37
20060801233703
最近ちょっと目の調子が悪い。きっと目が疲れているんだと思っていた。でも2、3日前からコンタクトレンズを装着すると「ぎゃ!」と染みるような痛さを感じて涙が出るようになってしまった。それが昨日あたりからレンズを外しても涙が出る。これはまずいと思い、今朝近所の眼科へ行った。名前を呼ばれ、視力検査を受けた。Cの字があっちこっち向いている、例の検査である。鉄製?の重たい、黒くて丸いメガネを着けられた。まるで寺小屋に通う賢いおぼっちゃまみたいだ。上からテストレンズをカチャカチャと着け換えられ、正面のボードのCの文字の隙間のある方角を順番に言ってください、と言われた。しかし、視力が悪い私に、ちょっとしたぼんやりレンズを着けられても、自信を持って言えるのは上の方だけだ。上!右!…下…えーっと右?次は…下…ですかね。文字のサイズと共に声も小さくなる。検査担当の女性は親切にゆっくりとやってくれたが、見えないものは見えない。力を入れてじっと見たが、マジックアイではないので、Cの文字が3Dみたいに飛び出てきて右!なんてこともない。検査担当の人の期待に応えれず「すみません、見えません」と言い出
す始末。次に薄い冊子を渡された。サイズの違う文章が3行ずつ書かれている。真ん中のこの行を読んでください、と指定され、悪い視力&染みる目玉で頑張って読んだ。「あ、さ、ひ、ゆ???」よく見えないし、意味もわからない。“あさきゆめみし”とか意味のある文ではないようだ。レンズの度を上げてもらい、むりやり読んで、検査の人をあきらめさせ、検査は終了した。診察で、眼球に傷があることが判明。これは痛かったでしょうね、と言われ、しばらくはコンタクトを使わないようにも言われた。優しい先生だった。でも見えてない。
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。