なにもそこまで こんなの初めて
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こんなの初めて
2006-09-20 Wed 16:13
20060920161337
三菱東京UFJ銀行に口座を作りに行った。店内に入ると案内の人に「機械で口座をお作りしてよろしいですか?」と言われたので、よろしいですよと返事したら、小さい個室の中に入るよう促された。そこにはATMよりさらに賢そうな機械が1台置いてあり、イスに座ってディスプレイの新規口座開設のところに触れると、ディスプレイの下がガチャ!という音と共に開き、私の手元まで書類や案内文書がニョ~と出てきた。画面とスピーカーの指示通りに書類に必要事項を書き、書けたよ、とボタンを押すと、今度はディスプレイにいらっしゃいませ♪ときれいなお姉さんが映った。しかも生!つまりテレビ電話なのだ。どこのセンターにつながっているのかは知らないが、受話器と画面の向こうにいるお姉さんは、日テレアナウンサーの松本志のぶに似た美人で、終始にこやかに進行をしてくれた。この機械はいろんな機能を持っているようで、手前の筆記台を軽く持ち上げるとコピー機みたいになっていて、私が書いた書類や身分証明の免許証なんかもそこに挟むだけで松本さん(仮名)の手元に送信されるらしいのだ。松本さんはそれを確認し、通帳やカードの種類を
簡潔に説明した後、「では今からお手元に出てくる書類を持ってATMで番号を押して頂ければ通帳が発行されます」と案内し、「ありがとうございました」と言ってペコリと礼をして画面から消えた。ATMで通帳を発行していると、さっきの案内の人が「お疲れさまでした」と言ってポケットティッシュやら通帳カバーやらを持って来た。結局手間やかかった時間や人件費を考えると、窓口よりかかっているような気がする。何のメリットがあるのだろう。ひょっとしたら松本さんの顔を見ている間、私の顔も銀行側に撮影されてたのかもね。松本さん、新しい体験をありがとう!おもしろかったよ!
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<SMAP in 京セラドーム | なにもそこまで | 手作り食パン>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。