なにもそこまで 桃栗三年柿八年
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
桃栗三年柿八年
2006-11-03 Fri 23:55
20061103235459
写真は私の実家の庭にある柿の木である。毎年この時期になると柿がたくさん実り、赤く熟し、枝がそれらを支えきれず、毎日数個が勝手に地面に落ちてつぶれてしまう。なので、毎年父が脚立に登り、たわわに実った柿を枝から切っていく。なぜか柿の木は“おいしい年”と“おいしくない年”があり、毎年交互である。つまり去年実家の柿はおいしい年だったので、今年は期待できない年ということである。なのに父は私に柿を持って帰るように言って、大きいやつを6~7個選って私に用意した。ついでに試食もさせられた。でも、あらためて柿を食べるとしみじみと考えさせられる。ダイビングショップ『ブルーバランス』を始めて、一年弱。店はいきなり派手に稼働するわけはなく、今は少しずつ基盤を作っている段階である。お客さまはまだまだ少ないけど、いい方ばかりなので、かえってこっちが“この方たちのためにもいい店にしなければ!”とモティベーションがかかる。『ブルーバランス』はあとどれくらいでお客さまいっぱいになるんだろう。石の上にも三年?桃栗三年柿八年?八年もかかって、いい年と悪い年が交互にくるのはまっぴらだ。そんなのイヤだ。桃くら
いで勘弁してほしい。そんな風に思いながら柿を一口食べた。やっぱり今年は味がない年だ。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<ちびまる子ちゃんがほしい | なにもそこまで | 風邪の話>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。