なにもそこまで スケキヨ!仮面を取っておやり!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
スケキヨ!仮面を取っておやり!
2007-01-10 Wed 19:37
20070110193750
やっと犬神家の一族を見た。このブログにもたまに書いているが、私は横溝正史、特に石坂金田一映画の大ファンである。映画冒頭のタイトルと30年前と同じテーマ曲が流れたときは、胸がいっぱいになり、涙が出そうになってしまった(私が出演もしているわけではないのに)。これでは『マディソン郡の橋』で冒頭に景色が映るだけで泣き始めるオバサマと同じではないか。これはまずい、これは我ながら痛い。ファンといっても度が過ぎる。この度のリメイクに関して、市川監督はこの映画を最後の大仕事にするつもりじゃないだろうか、石坂浩二が下駄でよろつかないだろうか、ようし!わかった!の警部の舌がもつれないだろうか、と何かと心配していた。ところが、みなさん老体にムチ打って頑張っていらっしゃるのだ。30年前の渋いキャストから現代の年相応のキャストへ。時代背景は敗戦直後、30年前がかなり巧いキャスト揃いのため、役づくりは難しかったと思う。若くても巧く役に乗ってる人や有名な役者さんでも完全に役に呑まれてしまっている人もいた(なかなかシビアでしょ?)。そんな感じで、ストーリーもセリフも当
然犯人も知っている私は偉そうな見方をした。個人的には昔から好きな大滝秀治がやはり良かった。あと三条美紀の高齢でもやりきる役者ぶりに関心した。あらあら、やっぱり私ってマニアックやわ~!
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<商売繁盛で笹持って来い! | なにもそこまで | ああ、Mー1!>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。