なにもそこまで 屋敷でランチ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
屋敷でランチ
2007-06-17 Sun 10:30
20070617103021
二日前、ダーリンとは別行動で、知人とランチを外食した。場所は大阪・道修町。ここは大手製薬会社が集中しているオフィス街で、大阪一の金融街・北浜に激近ということもあり、誰でも知っている大手企業のオフィスがたくさんある。近代的なビルが立ち並ぶ中、一軒タイムスリップしたかのような屋敷が。あえて店の名前は伏せますが、江戸時代(?)の立派な屋敷と蔵を改造した店。わかりやすく言えば、時代劇ででてくるそこそこの階級のお侍さんの家、もしくは道修町だけに薬問屋といった感じ。(大正13年まで人が住んでいた記録はあるらしいが建築年は不明とのこと)移転させたものではないと思われ、置き石や獅子脅し周辺なんか自然な古い苔が生えている。店内の柱や梁は最近はあまり見かけないくらいかなり立派な太い木が昔のまま使われており、建築の知識がない私でも圧巻である。お料理高そ~なこの店、昼の日替わり定食が1,000円。昼休みのサラリーマンやOLにもウケがいいようで、よく流行っていた。出された定食は会席風。だから量はかなり少ない。茶碗が木製だったり盛りつけが美しかったりと目で楽しむ要素が大
きかった。出された食事や建物に見とれながら食べたので、普通に食べ終わったが、3時にお腹がすいた。味は…建物の素晴らしさに圧倒されてあんまり印象がない。味覚を圧倒する建物ということにしておこう。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<誕生日が来てしまった! | なにもそこまで | 7個100円>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。