なにもそこまで ダイビング屋さんやってますねん
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ダイビング屋さんやってますねん
2007-07-28 Sat 13:27
20070728132711
今朝、店に出勤するため、自転車を漕いでいたら京セラドーム前で信号待ちになった。太陽がジリジリと肌に照りつける中、早く青になれ~と信号を見つめていたら、隣にいた自転車のおじさんが「すんません。今、何時でっか?」と大阪弁丸だしで聞いてきた。私は腕時計を見て「今、11時10分ですね」と答えた。何てことない通りすがりの会話…しかしそれだけでは終わらなかった。「どこまで行ってのん?(どこ行くの?)」「堀江です」「何しに?」「仕事場があるんでね」信号は青になった。会話は終わる…と思ったら、これが終わらなかった。自転車を漕ぎ出したらおじさんと同じ方向。おじさんは普通に私の横を走りながら聞いてきた。「え?こんな時間から?おっそいやん」「店なんです」「ふ~ん。何屋さん?」「スキューバダイビングの店なんです」「え!?あの、潜るやつ?」「あ、はい、その潜るやつ」「へー!お宅、店しょってのん(してるの)?」「はい」おそらく道行く人は私たち二人は親子か知り合いにしか見えないだろう。真実は、人に興味津々おじさんと、ただ時間を聞かれた女、なのだ。「じゃ、お宅も潜っての?
」「潜りますよ」「ほ~、そりゃーすごいなあ~。かっこええなあ」「あはは、かっこいいでしょ」「儲かるか?」「いやー、まだまだ」「そうか。まあ、頑張りなはれ」「あ、ありがとうございます」結構な会話量だった。おじさんは道の別れ際、じゃあね~と言って手を降ってきた。会釈をする私。変なおじさんには見えないので、普通の愛想いい…かなり話好きのおじさんだと思う。おじさん、今ごろどこかでウチの宣伝してくれてるかもしれない。家族や知り合いがHP見てるかもしれない。「ドーム前でおじさんと長い会話したダイビングショップの女性は誰だい?…私だよ!」
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<行けばわかる、行かないとわから | なにもそこまで | UFOみたい。>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。