なにもそこまで セミの一生は約7日
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
セミの一生は約7日
2007-08-11 Sat 20:13
20070811201330
大阪の私たちの自宅周辺では、セミはちょっとめずらしい。鳴き声はたまに聞くがどこにいるかわからない。音はすれど姿は見えず、ほんにお前は屁のようだ、といった感じだ(←なんちゅう例えだ!)。数時間後、いつものように結構遅い時間になってから自宅の洗濯物を取り込んだ。私の白いシャツを触ったとたん、キャッ!痛っ!何か繊維でないものに触れた。シャツを見たらナントセミがシャツの袖口の中にいた。びっくりした~!そうか、ここは都会すぎてとまる木、あんまりないからな~。短い命、こんなところで貴重な時間を過ごしたらだめだよ。よし!サマンサみっちゃんが君をかろうじて木のある方へ飛ばしてあげよう!田舎育ちで虫が平気な私は(正体わかれば平気なのだ)、そろっと後ろから掴み、ベランダから、庭に木のある一戸建ての近所の家に向かって「それっ!」と言って飛ばしてやった。セミは一瞬よろけて急降下したが、京セラドームに向かって飛んで行った。え?そっち?すると今度はまたベランダにいる私の近くまで戻ってきて、再びドーム方面へ向かった。え?さっきのはひょっとして私にお礼言いに戻ったの?ドームへ行く
までに木はあるよ、頑張ってあと何日かの余生を過ごすんだよ~!と心の中で叫びながら見送った。部屋に戻り、シャツを見た。ん?なにこれ?ぎゃああー!あのセミがいた位置、おしっこしてる~!!くっそー!セミめ!ということは、あのセミが一瞬私に向かったのは“お詫び”だったのか!おしっこした上、よろけていたのは高齢のためか?ということは…7日めか?じゃあ、介護が要ったのか。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<わくわく&24時間テレビ | なにもそこまで | 行けばわかる、行かないとわから>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。