なにもそこまで わくわく&24時間テレビ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
わくわく&24時間テレビ
2007-08-22 Wed 18:32
20070822183247
先週末、小学2年の姪が夏休みを利用して兵庫の田舎からウチに泊まり掛けで遊びに来ていた。どこへ連れて行こうかとだいぶ頭を悩ませたが、遊びに来る日程ちょうどに読売テレビが“わくわく宝島”と24時間テレビを同時開催していたので、OBPまで行ってきた。さすがテレビ局のイベント。しっかりしていて派手。7歳の姪は初めて見るテレビ局のカメラや眩しいライト、タレントさんの雰囲気に緊張で黙り込んでいた。わくわく宝島では名探偵コナンのパビリオンへ行った。入るのに500円分のチケットが要ったが、中で記念写真をくれたり、間違い探しクイズなんかがあったりして姪はキャッキャ楽しんでいた。24時間テレビのOBP生中継も見て、募金をしに並んだら、サバンナがいた。私は姪に「あの人、犬井ヒロシやで」と教えてやった。が、姪は大勢の人とテレビスタッフの慌ただしさに驚いていたのか、近くで本人を見ても無表情。あれれ?と思った瞬間、あ!と気がついた。姪は小2のよい子なので、エンタの神様で犬井ヒロシが登場する時間帯にはすっかり寝ているのだ!そっかー。見たことあるって言ってたのは、録画したものをちょ
っと見たことがある程度だったのだ。で、ウチのマンションに帰ってきて、今日一番楽しかったのは何?と聞いたら「地下鉄」と答えた。……(^^;)。なるほど!電車の本数がかなり少ない田舎に住んでいる姪からすれば、町中の地下を電車が走りまわっているなんてびっくりしたんだと思う。電車に乗る機会もない姪は、自動改札にも驚いていた。そして、夏休みの宿題である“夏の大発見!”という絵日記に、地下鉄の絵を描いていた。夢にまで地下鉄が登場しそうな勢いだった。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<みっちゃん、アリと戦う | なにもそこまで | セミの一生は約7日>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。