なにもそこまで ゴーヤ・チャンプルー
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴーヤ・チャンプルー
2006-06-03 Sat 01:09

20060603010913
私たち夫婦が住む大阪市大正区は沖縄出身の人が多いらしく、街のあちこちに沖縄料理の店がある。特にJR大正駅横の通りは沖縄料理の店が軒を連ねている。スーパーの麺類コーナーには、沖縄そばが普通に並んでいるほどで、年末なんかは、年越しそば用にと沖縄そば麺やソーキ(豚の角煮)や紅ショウガが山積みで売られていた。いくら沖縄ブームとはいえ、ブームに乗らずとも沖縄だもん!、といった雰囲気だ。そんな感じで大正区は何となく沖縄テイストなのだ。ダイバーとしては親近感が持て、ちょっとうれしい。大正区へ引っ越してきて半年の私は、まだまだ物珍しさいっぱいなので、目鼻立ちが整った濃い顔の人を見ると沖縄の人かな~?と勝手に思ってしまう。先日も眉の濃い男性を見かけたので、沖縄の人かな~?と思ってよく見たらインドネシア方面の人だった。確かに暑い方面出身だが暑すぎる。なーんだ外国の人か、と思ってもう一度よく見たら陽に焼けた日本人だった。 


ゴーヤが多く出回る季節になったので、大正区らしく、今夜はゴーヤ・チャンプルーを作った。ウチのダーリンは沖縄・慶良間でダイビングのガイドをしていたことがあるので、ウチナー(沖縄人)の味をよく知っている。私が頑張ってもウチナーの味にはかなわないので『ゴーヤ・チャンプルーの素』を使った。以前ゴーヤ・チャンプルーを作ったら、「僕が食べてた具はこういう普通の豚肉じゃなくて、もっと分厚い安~いハムやねんけどな~」とダーリンに残念がられたことがある。でも今日もハムではなく豚肉で作った。残念がらなくても、ウチの豚肉はいつも安い。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<クララが立った! | なにもそこまで | 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。