なにもそこまで さよなら市川崑
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
さよなら市川崑
2008-02-14 Thu 11:37
20080215003741
市川崑監督が亡くなった。横溝正史作品を読みあさる、という趣味を持つ私。金田一耕助を知ったのは、子供の頃にテレビで見た映画だった。監督は市川崑。他の監督も金田一映画を撮っているが、パーフェクトに素晴らしい作品は全て市川昆。私は市川崑の金田一シリーズが好きすぎてビデオ化された映画を1作品あたり平均50回以上は観ているはずである。映像が出るとほとんどの役者の台詞がモノマネで言えるのだ。ドロドロのイメージが強い横溝作品を、犯人の動機に涙してしまうほどの命を吹き込む市川崑。この人がいたから私は横溝作品以外にも読書好きになった。私は映画化されていない横溝作品を読む度、市川崑ならこのシーンをどう撮るかな、なんていつも思ってきた。でももう作品は増えないんだね。すごくさみしい。これからも今までの作品を観続けます。ありがとう。さようなら。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<ついに機種変 | なにもそこまで | 久しぶりの衝撃>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。