なにもそこまで 泣ける絵本
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
泣ける絵本
2008-02-21 Thu 00:30
20080221003044
セブンイレブン(セブン銀行)が偶数月の20日に『森の戦士 ボノロン』という小冊子を発行しているのを知ってますか?オールカラーでだいたい30ページくらい。だからお話としてはちょい長め。しかも無料なので、ご自由にどうぞ、とカウンターに置いてある。小さい子供のパパママならご存知の方も多いこの本。私は姪がこの本を持っていたので知ったのだが、この絵本、内容がすごい。かなり泣けるのだ。森の大きな妖精ボノロンが病気や貧困、孤独に苦しみながらつつましく生きている人の力になってあげる話で、パーフェクトにめでたしめでたしとならない話なんかもあり、かなりリアル。私の妹は自分の娘が寝る前に枕元で読んでやるとき、よく泣いてしまうと言う。絵本の世界なのに、世の中何とかなるわ、で済まない現実を垣間見てしまう。こんなのチビッコには結構ディープだが、そのリアルさからか、子供だけでなく、大人にも人気がある。発行日くらいに行かないと手に入らないこともしばしば。今月は手に入りました。表紙を見たら内容だいたい想像つきました。泣きそう。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<かゆみに! | なにもそこまで | ついに機種変>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。