なにもそこまで 柿泥棒
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
柿泥棒
2008-11-02 Sun 14:25
実家の庭に柿泥棒が入った。昼間だったらしいが、何とおばあちゃん(御歳93歳!)が柿泥棒に遭遇したという。柿の木の枝ごと切っていた犯人(中高年の男)は、おばあちゃんに気付いて退散したらしいが、おばあちゃんはどれだけビックリしたことだろう。ビックリさせて超高齢の記録を日々更新しているおばあちゃんの寿命を数時間縮めただけでも被害だ。
実家の柿の木は、毎年豊作なので、近所に配ったりしている。だから欲しそうに言ってもらえればあげるのだ。でも勝手に敷地内(裏庭)に入って来て枝ごと伐採とはかなり嫌な感じだ。
困った実家が私に柿泥棒対策のアイデアを求めてきた。柿の木は甘く実る年、甘さが少ない年とだいたい交互。そこで私は考えた。木の枝に『今年は渋い』と書いてぶら下げる。諦めた犯人が翌年来たら翌年は『何だか今年も渋い』。その翌年は『渋柿でした』とあたかも今気付いたかのような展開作戦である。犯人の顔をおばあちゃんから聞き出し、似顔絵を描いてぶら下げる作戦も考えたが、ウチ一族はダウンタウンの浜ちゃん並みの画伯揃いなので、この作戦は無理だ。さてどんな作戦が功を奏するか、今年の柿ほどは甘くないようだ。ウマイ。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | top↑
<<西田ひかる | なにもそこまで | オメデトウ>>
コメントありがとう
Hello!
下見してたのかな?
ナイトスクープに相談してみるってのは~v-21
2008-11-03 Mon 00:21 | URL | はっぱ #-[ 内容変更]
Hello!
テレビ出演だなんて恥ずかしいよ~!
ところで実家の柿の木は、塀の外側から棒で突付かれたことが何度かあります。
そんな古典的なことをやる犯人は多分カツオだと思います。
2008-11-03 Mon 19:21 | URL | サマンサみっちゃん #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。