なにもそこまで タクシーの話
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
タクシーの話
2009-04-22 Wed 14:52
昨日の話。
急に体調が悪くなり、行ったことがない病院へすぐにかかることに。歩くのが辛かった上に、雨が降っていたので、2キロ無いと思ったけどタクシーを使うことにした。目の前に空車のタクシーが停まっていたので、私は近づき「近くなんですがいいですか?」と言うと「はい、どうぞ」とタクシーの運転手さんはニコニコとして乗せてくれた。
この辺をよく知らないという運転手さんに私は、この信号を左折とか、確かこの辺ですなどと説明し、運転手さんと病院の看板を探しながら走った。病院にたどり着くことに集中していたためか、自分の体調のことなんかすっかり忘れていた。
目的地の病院前に着き、支払いしようと財布を見たら一万円札しかない。「大きいのしか無いんです」と言ったとき、運転手さんは言った。「あ!両替するの忘れとった!」え~!どうしよ~。小銭は少なかったはずだけど…と財布の中を掻き探した。400円しかない。それを言ったら、またまた運転手さん「あーっ!メーターのボタン押すの忘れとった~!」え~っ!じゃ~いくら~?と思った矢先、運転手さんは「400円でいいよ」と言った。「え!?いいんですか?」「うん、いい、いいですよ」そう言って私を400円で降ろしてくれた。お礼を言ってタクシーを見送った。400円のタクシー代もうれしいけど、体調が悪いのをすっかり忘れさせてくれた運転手さんとのやりとりが本当に有り難く思った。そんなこともあってか病院ではリラックスでき、体調不良もなんとか無事に治まった。ありがとう●島タクシー!
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<帝塚山ロール? | なにもそこまで | ついに買った>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。