なにもそこまで うずらちゃん
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
うずらちゃん
2009-07-16 Thu 23:52
一年前、姪の保育園のお祭りイベントに行った。
メインは音楽発表会で、園児はもちろん、園児の親や地元の人や子供たちで結構なにぎわい。
メインが園児なので、露店もこども向けが多く、何だかほほえましい感じだった。
が!中にトンデモない露店が!
赤いテント屋根の下、目がやられるくらいに眩しい電球に照らされ、金魚すくい用の平たく長細い水槽(水は入ってないけど)でぴよぴよと鳴く声…。ひよこ?スプレーをかけられたカラーひよこ?にしては体が茶色っぽい。テント屋根の店名を見たら…
『うずらちゃん』!!
こんなの売るなよ~。生命力ないのにこんなところで売ったら、すぐ弱ってしまうやんか~。
…でも小さい子は欲しがるみたいで、うずらちゃん屋さんはひとだかりだった。
イベント後、実家に泊まる予定をしていた私。そこへ、イベント出演後、「みっちゃん泊まるんやったら(自分も)泊まる~!」と姪ふたりも実家に泊まりにやってきた。ひとりは小3、ひとりは4歳。
じゃあ一緒にお泊りしよう!!
そうテンション高く私が言ったとき、姪の持ち物から小さい声が…
ぴよぴよぴよ…
え!?こ、この声は…ひょっとして…。
うずらちゃん?
姪の手には虫かごに入ったうずらの赤ちゃんが…。
えーーーーーっ!
これ…どうしたん?
小3の姪に聞くと、「友達にもらってん」だって…。

さてこの話には続編が…続きは明日。じゃあね~。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<うずらちゃん②(昨日の続き) | なにもそこまで | 何事でござるか>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。