なにもそこまで 鶴橋に行きたい
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
鶴橋に行きたい
2009-09-24 Thu 23:48
私は環状線沿線に住んでいる。通勤は乗り継ぎを含めて片道3区間。
今日も会社帰り、会社最寄駅から1区間乗り、さらに乗り換え後はなんとか座れた。
環状線上を数区間乗り入れてくる奈良方面加茂行きという、どこ行きか私にはよくわからない行き先に行く電車だ。
対面式の座席に座ったら、隣に2歳くらいの女の子を抱いた女性が座ってきた。
その女性、座った途端、私の方を見てこう言った。
「あの・・・鶴橋に行きたいんですけど・・・この電車で合ってますか?大阪久しぶりに来たんで、電車の乗り方忘れてしまって・・・」
え!?これ・・・は・・・止まらない!この電車、環状線上から途中で違う方面に行ってしまう!!
「あ、これ、鶴橋行くなら途中で乗り換えですね。え~っと・・・」
私はあと2区間弱で降りないといけないのだ。それまでに乗り換えを教えなければいけない。
しかも私はイングリッシュマン・イン・ニューヨークならぬ、兵庫人・イン・大阪。大阪に住んでいるけど地形がいまいちわかっていないのだ。
「このまま乗っていてはいけないんですね・・・。ママ、乗る電車間違えちゃったのかな~」
そう子供に話しかけながら、焦る女性。その横で焦る私。
私はバッグの中からごそごそと手帳を取り出し、後ろの方に載っている路線図のページを見せて説明を始めた。
「新今宮で乗り換えじゃないんですか?」
「え!?新今宮は・・・多分違いますよ。天王寺で環状線に乗り換えてくださいね。京橋とか大阪城公園方面のやつですよ。鶴橋は桃谷の次の駅。天王寺で乗り換えですよ」
電車は容赦なくあと1区間。
女性に地図を眼に焼き付けてもらい、(私は)天王寺を連呼して大正駅で降りた。
あの人・・・私の説明でちゃんと鶴橋へ行けたかな・・・。
心配だけど・・・小さい子連れて焼肉かと思うとうらやましくなって心配も薄れる感じだ。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<カチンコチンヨガ | なにもそこまで | 中山寺伝説>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。