なにもそこまで NSTって何!?
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
NSTって何!?
2009-11-08 Sun 09:57
昨日は検診日だった。
10ヶ月に入ったので今回の検診からはNST検査があった。
私は…NST…何それ?という感じだった。ただ、NST室という存在だけは知っていたが、あの部屋で何が行われているのかは知らなかった。
昨日、エコー検診の後、その謎のNST室に初めて入った。
リクライニングシートが2台あり、その足前に小さいモニターが。
室内には既に妊婦さんがひとり検査中。モニターの下からグラフみたいな紙がどんどん伸びて出てきていた。
看護師さんに空いている方のイスに座るよう促され、お腹に丸い手のひらサイズの機械を2個載せられた。
NST・・・ノンストレステストっていうらしい。1つは赤ちゃんの動き・・・心拍なんかを調べて、出産に耐えられるかを調べるらしい。もう1つは母体の子宮の状態。
お隣にいた若い妊婦さんはすでに20分くらい前から始めているらしく、なかなか結果が出ないのか、時間が長いので雑誌を読んでいた。
さて私。機械を取り付けた途端、バリバリバリッ!!
カラオケのマイクをONの状態で服にこすった、みたいな大音量が部屋に轟いた。
そのとき、機械から出ているグラフに、濃い~太~い線と大きなギザギザの線が表れた。
お腹がボコボコ動いているときだった。
ビックリしたが、私は平静を装っていたが、内心は『うわっ!!なんや、これ!?』と思いながら雑誌を読み始めた。
その後もバリバリバリッ!!は頻繁に起こった。その度、グラフを見て、おお!!赤ちゃん動いてる!を胎動と目で感じることができ、私は楽しくなってきた。雑誌の内容なんかちっとも頭に入って来ない。とにかく音にビックリし、グラフをおもしろがった。
お隣の妊婦さんの方もバリバリバリッ!!は起きたが、私の方がお隣に妊婦さんの倍は起きていた。そして申し訳ないくらい私の結果は早く出た。結果は先生ニコニコ!
高齢妊婦の私は、妊娠がわかって以来、『私は高齢だから』と神経質になったり、マイナスに考えることもあった。でも、若い妊婦さんより楽チンなこともあったり(私の場合、つわりが無かった)、今日のNSTの時間に赤ちゃんが『ママ、早く終わらせて上げるね』とこの検査の時間にいっぱい動いてくれたのだろうか、とプラスに考えられるようにもなってきた。
お腹がどんどん大きくなるにつれ、時間が経過するにつれ、出産の緊張もどうでも良くなってきた。今は陣痛よ、来るなら来い!という感じだ。
でも、来週の帰省完了までは来ないでおくれ。




スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<これが欲しかった!! | なにもそこまで | 赤ちゃんのスペース>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。