なにもそこまで 見えません
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
見えません
2006-08-01 Tue 23:37
20060801233703
最近ちょっと目の調子が悪い。きっと目が疲れているんだと思っていた。でも2、3日前からコンタクトレンズを装着すると「ぎゃ!」と染みるような痛さを感じて涙が出るようになってしまった。それが昨日あたりからレンズを外しても涙が出る。これはまずいと思い、今朝近所の眼科へ行った。名前を呼ばれ、視力検査を受けた。Cの字があっちこっち向いている、例の検査である。鉄製?の重たい、黒くて丸いメガネを着けられた。まるで寺小屋に通う賢いおぼっちゃまみたいだ。上からテストレンズをカチャカチャと着け換えられ、正面のボードのCの文字の隙間のある方角を順番に言ってください、と言われた。しかし、視力が悪い私に、ちょっとしたぼんやりレンズを着けられても、自信を持って言えるのは上の方だけだ。上!右!…下…えーっと右?次は…下…ですかね。文字のサイズと共に声も小さくなる。検査担当の女性は親切にゆっくりとやってくれたが、見えないものは見えない。力を入れてじっと見たが、マジックアイではないので、Cの文字が3Dみたいに飛び出てきて右!なんてこともない。検査担当の人の期待に応えれず「すみません、見えません」と言い出
す始末。次に薄い冊子を渡された。サイズの違う文章が3行ずつ書かれている。真ん中のこの行を読んでください、と指定され、悪い視力&染みる目玉で頑張って読んだ。「あ、さ、ひ、ゆ???」よく見えないし、意味もわからない。“あさきゆめみし”とか意味のある文ではないようだ。レンズの度を上げてもらい、むりやり読んで、検査の人をあきらめさせ、検査は終了した。診察で、眼球に傷があることが判明。これは痛かったでしょうね、と言われ、しばらくはコンタクトを使わないようにも言われた。優しい先生だった。でも見えてない。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<これは“おさかな”シャボン玉 | なにもそこまで | 『えにっき』は語る>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。