なにもそこまで 朝日新聞社見学
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
朝日新聞社見学
2006-09-08 Fri 18:03
20060908180319
昨日はダーリンに仕事を一日休ませてもらい、仲良しの友人と3人で朝日新聞社の見学に行った。さすが大手新聞社。見学もしっかりと社内にコース化されていて、無料。まずは記念撮影をしてからコースを出発。視聴覚室で新聞記者の活躍ぶりをVTRで視聴。その後、印刷の歴史や記事のレイアウトなどの説明を受けた後、短時間だけど編集局へ入らせてもらった。昼の1時頃という時間帯であったことと、昨日は大きなニュースが無かったためか、編集局はさほど緊迫していなかった(個人的に緊迫している風の編集者もいることはいた)。デスクではパソコンに向かってカチャカチャやっている人もいるけれど、多くの人は各自で新聞を熟読していた。ある人は両手いっぱいに広げ、ある人は机に広げ…。その光景だけを見ると、まるでまともに仕事しないで座ってるだけで高給貰うおじさんだらけの何ともけしからん職場だ。でもここは朝日新聞編集局。この姿が民間の情報を支えてるのだ。デスク上の大量の赤鉛筆を見たとき、時間と闘いながら正確な情報や正しい日本語を私たちに伝えるため、日夜働いているのかと思うと、鉛筆立てを見てもジーンとした。その後
、印刷や結束などの現場も見せてもらい、コースは終了。おみやげに案内冊子、鉛筆と赤鉛筆、定規、消しゴム、新聞紙と同じ紙で作ったメモ帳、7日の紀子さまご出産の号外を2パターン、そして…見学出発時に撮影した写真をカラーで載せた“見学記念版”を頂いた。おもしろいけどちょっと恥ずかしいな、コレ。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top↑
<<載りました | なにもそこまで | 中骨ないのに肉厚カレイ>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| なにもそこまで |

みっちゃんへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。